第35回入学式

桜の花が美しく咲いた青空の下で、入学式が行われました。

入学式では校長先生から

「最近、乗車時間が長くて嫌だなぁと思いながら電車で東京に向かったことがありました。

乗車中、窓の外を見ると富士山や桃の花が見えてとても有意義な時間になりました。

まわりの乗客を見てみると仲間と楽しく話をしている人、熱心に本を読む人、つまらなそうにしている人など様々でした。

乗車時間を目的地までのつまらない時間と感じるか、楽しい時間と感じるかは人それぞれです。

皆さんにとって高校生活の3年間はどうでしょう?

就職や進学をするためだけのつまらない通過点でしょうか?

皆さんがそれぞれ、なにかに夢中になれる高校生活を送ってほしい思います。」

とお話をしていただきました。

理事長先生からは

「高校生の制服を着ただけでは本当の『高校生』になったとは言えません。

まわりがなにをしてくれるか、ではなく

まわりになにができるのか、を考えられる人になってほしいと思います」

とお話をしていただきました。

入学式が終わり、クラスごとに初めてのホームルームが行われました。

担任の先生からは服装などの学校生活などのお話をいただきました。

いろんな行事を共に過ごし、多くのことを教えてもらう担任の先生です。

早く仲良くなりたいですね。

明日はいよいよ 新入生と在校生の対面式です。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。