同窓会

同窓会~桜の丘から~はこちら

会長あいさつ 茅野美由紀(西高一期生)

 師走の候、同窓生の皆様におかれましたは、如何お過ごしでいらっしゃいますか。
今迄、旧伊那女子高校の卒業生の先輩方を中心に築き、支えてこられた同窓会を新体制で進めていくこととなります。
不安は尽きませんが、皆様のご指導を賜りながら、精一杯務めていきたいと思いますので、今後とも変わらず同窓会にご支援を宜しくお願い致します。
思い起こせば、私が三年生の時、伊那女子高校から伊那西高校となりました。
それから、仏様に手を合わせる生活。
新しいルールに戸惑いを感じつつ日々を送った記憶があります。
また東本願寺への生徒会役員研修旅行。
教室の数が足りなかっ たのか、何度も生徒会室を引っ越したこと。
また、進路に悩みながらの勉強など、思い出はいっぱいです。
新しい環境の中、無我夢中で過ごした日々は、短くも濃い時間でした。そんな私の周囲には、一緒に悩んでくれた友人、いつも「大丈夫」と言って励ましたり見守ってくれる多くの先生がいて、忙しいながらも充実した高校生活を送ることが出来ました。
あの時の先生の言葉は、その後、看護師になる私の大きな支えとなり自信にも繋がりました。
多くの先輩方が、この学び舎で自分の進むべき道を見つけ多方面で活躍しています。
在校生の皆さんも、勉強しやすい環境の中で楽しい高校生活を送っていると聞いております。
校舎はすっかり変わってしまいましたが、玄関前の大きな桜の木、懐かしい先生方は変わらず私たち卒業生を迎えてくれます。
それが私たちの母校なのです。
また、西高生の活躍を耳にする度に、ここで学んだことを誇りに感じ嬉しく思っています。

最後になりましたが、同窓生の皆様のご多幸とご健康を祈念し私の挨拶とさせていただきます。

同窓会~桜の丘から~はこちら

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP