学校長挨拶

伊那西高等学校は、いつの時代にも共通して 大切にされるべき「心」の教育を行う学校です。 「私はこの高校に入ってから自分に優しくなれました」 これは、卒業を数ヵ月後に控えたある生徒が話してくれたことです。 自分を見つめ、自分の可能性に気づいた時、 自分が好きになれ、自分をより高めたいと思います。 自分に自信が持てることで、自分に優しくなれるのです。 先生と生徒が一つの目標を持てた時、それまでは 考えられなかったほど大きな力が生まれます。 だから、 「先生と生徒が寄り添って、本気で向き合う生活」 を大切にしています。 一人ひとりの一所懸命を応援する学校です。

学校長 出野 憲司

コメントは受け付けていません。

PAGE TOP